Q.工事会社はどのように決めるのですか?(なるほど大規模修繕工事)

なるほど大規模修繕カテゴリ:, ,
なるほど大規模修繕タグ:, ,

A

工事会社を決めることは、方法論の前に目的(ご自分のマンションの修繕工事をきちんと安全にしてもらう)が重要です。 コンサルタント(この場合、監理者)は、これまでの実績の中で様々な工事会社が請け負う修繕工事を監理してきておりますので、それぞれの工事会社の品質管理方法や職人のレベルなども熟知しています。工事内容や組合様の予算、組合様の意向等を総合的に判断し、そのマンションに合った一定の条件を設定した上で、数社の候補の中から最終的に一社を決めることが望ましいでしょう。

決める過程としては、業界新聞や組合員の推薦等「公募」をする場合や、一定の条件を満たした工事会社複数社を指名するカタチでの見積参加依頼をするなど、公平性が担保された方法で選定します。

CIMG3937翔設計では、以下のようなステップで進める場合が多いです。  

  1. 管理組合として一定の条件(経営状態や実績など)を設定
    公募の場合、一次選考=書類選考で適正を判断
    →見積を依頼する会社を5社程に選定
  2. 2次選考:見積選考=入札(原則、金額の安い会社に依頼する為の競争見積)
    →ヒアリング(面談)をする会社を決定
  3. 3次選考:ヒアリング(金額が近似差である場合が多く、比較検討する為にも2~3社に対し行うことが一般的です)
    会社の体制や現場監督の能力等の確認、増額減額の可能性や工事保証等に 関する質疑応答。
    →修繕委員会及び理事会での協議、内定。
  4. 理事会にて1社に内定します(最終決定は総会承認となります)。

関連リンク

なるほど大規模修繕カテゴリ

なるほど大規模修繕タグ