Q.工事会社の選定方法には、どのようなものがありますか?(なるほど大規模修繕工事)

なるほど大規模修繕カテゴリ:
なるほど大規模修繕タグ:,

A

主に①入札方式、②見積り合わせ方式、③特命随意契約方式等があります。 consul_4_2
①入札方式 : 参加を希望する工事会社に対して、大規模修繕の工事内容や仕様など共通の資料を提示して、各社から提出される工事額の中から一番安い工事会社を選ぶ方法です。 主に官公庁で用いられる方式です。

②見積り合わせ方式 : 参加を希望する工事会社に対して、大規模修繕の工事内容や仕様など共通の資料を提示して、各社から提出される工事額や資料の中から、ご自分たちのマンションに一番適した工事会社を選ぶ方法です。あくまでもご自分たちのマンションに適した工事会社を選ぶため、①入札方式とは異なり必ずしも工事額が一番低い工事会社に決める必要はありません。 法人企業やマンションの大規模修繕工事でよく用いられる方式です。

③特命随意契約方式特定の工事会社を指定して契約する方法です。 一般的には、個人や個人事業主など組織構成員に対して説明責任のないケースで用いられます。 工事会社の選定結果に対して説明責任の生じる大規模修繕工事で用いられることはほとんどありませんが、まれに前回の大規模修繕工事を実施した工事会社で、工事もアフターケアも非常に良く行われたなど一定の理由と実績がある場合において採用されることもあります。

いずれの方式においても、発注者である管理組合としては工事の仕様を定めることと見積り内容を精査する責任があるため、工事の利害に関係しない第三のチェック機能をもった設計監理方式を起用することをおすすめします。

関連リンク

なるほど大規模修繕カテゴリ

なるほど大規模修繕タグ