Q.初めての大規模修繕工事(築10年から15年)のポイントは?⑤積立金はなるべく温存する(なるほど大規模修繕工事)

なるほど大規模修繕カテゴリ:
なるほど大規模修繕タグ:

A

初めての大規模修繕工事のポイントは、第一に自分たちのマンションの長所と短所を知りその対策を行うこと、次いで工事を契機にマンションの維持管理などに関心を持つ住民を増やすことです。その2つが達成できれば、1回目の大規模修繕工事は大成功といえます。
しかし、大規模修繕工事を実施すると同時に理事会は次の課題を抱えることになります。それは具体的な予算が表出することです。
大規模修繕工事を実施すれば、その時点でのマンションの状態を完全に掌握することができます。それにより、次回はどのような工事をいつ頃に行う必要があるのかが予測可能になります。現状を踏まえた長期修繕計画を立てることが可能となるので、今後必要となる工事費の概算も試算できるようになるのです。
一般的に新築当初の修繕積立金は比較的安価に設定されています。そのままの金額で積み立てていくだけでは、2回目の大規模修繕工事に必要な額には不足してしまうのは、まず間違いありません。また次の2回目の大規模修繕は、最初の大規模修繕から10年以上が経過してからの工事となりますから、さらに工事費も増えるのが当然です。
つまり、その現実を管理組合全体にも理解してもらい、次に備えていくことが理事会の使命となります。もちろん、そのための準備には最初の大規模修繕工事の計画時点から進めておくに越したことはありません。最初の大規模修繕だからこそ可能な限り予算は抑え、修繕積立金はできるだけ残して次に備えるのが原則でありましょう。

計画性のある修繕費の積み立て・活用を

計画性のある修繕費の積み立て・活用を

 

本記事は、貴船美彦著作「マンション管理組合 理事になったら読む本」(幻冬舎2014年)から内容を抜粋して掲載しております。

つづく・・・

関連リンク

なるほど大規模修繕カテゴリ

なるほど大規模修繕タグ