マンション管理組合 理事になったら読む本(なるほど大規模修繕工事)

「自分のため」に役割を果たすことが「みんなのため」になる

2017年2月9日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

いままで管理組合および理事の皆様とコンサルタントの立場で接してきてわかってきたことがひとつあります。組合活動が円滑にまわっている、あるいは理事の方々が楽しんで組合活動を行っている理事会の多くにおいて、参加している理事は自 […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?⑥住民の自主性を育てる

2017年2月3日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

理事会は住民の楽しいマンション生活の実現を目的として管理・運営の仕組みづくりを検討していくものです。そして、理事会の掲げた目的や目標を住民と共有していくことです。 そのために必要なことは「自主性」です。 あるマンションの […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?⑤管理会社を活かす

2017年1月27日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

先に、理事会がチェック機能に専念するのもひとつの方法だと書きました。その際に頼りになる存在が管理会社です。管理会社は、管理組合が責任を持つべきマンション管理の実務を委託され、遂行するプロフェッショナルです。 管理会社を活 […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?④外部の専門家を活用する

2017年1月20日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

理事会の仕事は忙しく、理事になったとたんに多くの時間を取られてしまうのではないかと心配される方がいます。ところが「忙しすぎる」という理事会の場合、得てして自分たちで多くの作業を抱え込んでしまっているケースが見受けられるの […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?③目的を決めて、年間スケジュールをつくる

2017年1月13日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

理事会の業務には、共用部分の環境整備や管理といった日常的な事柄から、年次総会に向けた各種議案まとめといった1年単位での作業、大規模修繕など数年にまたがるものまでが含まれます。つまり、どのタイミングで理事になるかによって、 […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?②業務の分担を決める

2017年1月6日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

マンション管理組合では総会が最高の意思決定機関です。ただし定期総会(通常総会)は年1回しか開催されませんし、事前に管理組合員に通知された議案についてしか決議することができません。 日常的な運営管理に加え、総会に向けた議案 […]

もっと見る

理事になったら何からはじめればよい?①マンションの全ぼうを理事会メンバーで共有する

2016年12月16日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

理事になったら、管理組合の現状把握からはじめましょう。 それまでは特別な知識もないまま突然理事に就任することも少なくありません。大規模な団地やマンションでは、行ったこともない別の棟や踏み込んだことのない敷地も含め、”全体 […]

もっと見る

耐震診断と防災検証に求められることとは?③地震に対する準備と防災

2016年11月25日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

建物は壊れるということを理解し、そのうえで安全を確保するのであれば手法はあります。たとえば火災を発生させないような対策、落下物による人的被害の防止、建物の部分崩落の可能性のある部位の部分補強、部屋に閉じ込められないような […]

もっと見る

耐震診断と防災検証に求められることとは?②耐震補強工事の課題

2016年11月18日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

耐震補強工事にはまだまだ課題が多いのが現実です。ひとつには現状ではマンションの耐震補強工事に対する補助金は決して多くありません。しかもその補助金は指定された基準を満たすことを前提としたもので、マンションの補強に対してはあ […]

もっと見る

耐震診断と防災検証に求められることとは?①耐震診断への誤解

2016年11月11日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

東日本大震災のような大規模災害が契機となり、マンションからも耐震診断の問い合わせや、災害対策としての調査依頼が増えています。いうまでもなく安全はマンションにとって最重要事項のひとつですから、それ自体は良いことなのですが、 […]

もっと見る

大規模修繕工事を成功させる3つの手法

2016年11月4日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

大規模修繕工事の3原則をより具体化させるために、実際の業務を進める段階で理事会がとるべき3つの手法について説明します。 もちろんマンションとその管理組合も千差万別ですから、この手法をすべてに適応できるわけではありません。 […]

もっと見る

築50年超のマンションについての選択肢②マンションの将来計画

2016年10月28日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

マンションの築50年というタイミングは、管理組合として将来計画を立てることが重要になる時期であること、情報を含めた事前準備や資金面でも3回目の大規模修繕工事以上に労力や計画に時間がかかることは間違いありません。 まさに専 […]

もっと見る

築50年超のマンションについての選択肢①マンションの寿命と建替え

2016年10月21日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

日本のマンションの歴史は半世紀を越えたところですから、新築から50年を経たマンションはそれほど多くありません。しかし、これからはその数が一気に増えていくことになります。その築50年という年数にさしかかろうという4回目の大 […]

もっと見る

3回目の大規模修繕工事(築35年から40年)②元気なマンションに未来あり

2016年10月14日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

3回目の大規模修繕工事において考慮したいのは、管理組合員の高齢化です。 建物は築30年を超えても、それぞれの理事がまるでライフワークのように理事会に参加し、元気で前向きに運営するといった状態であれば、大規模修繕工事をきっ […]

もっと見る

3回目の大規模修繕工事(築35年から40年)①最大の大規模修繕工事

2016年10月7日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

3回目の大規模修繕工事の特徴は、過去2回の工事よりも大きな費用がかかるという点です。これはマンションの本体に組み込まれているさまざまな部分が、既に寿命に達していることや、そうでなくとも確実に寿命に近づいているからです。 […]

もっと見る

2回目の大規模修繕工事(築20年から25年) マンション成熟期の修繕ポイントとは?

2016年9月30日|投稿者:翔設計スタッフ (49)

デザイン性やグレード向上に加え、住民の生活スタイルにも合わせた改修をおすすめします。 2回目の大規模修繕工事を迎える頃のマンションは、生活価値の成熟期にあたります。つまり、20年余りの営みを重ねてきた住民のライフスタイル […]

もっと見る

なるほど大規模修繕カテゴリ

なるほど大規模修繕タグ