「理事になったら読む本」のご紹介① マンション管理組合 理事の取り組みについての実例紹介(お知らせ)

2014年5月30日|お知らせカテゴリ:|投稿者:高橋 (10)

弊社代表取締役社長貴船美彦著作 マンション管理組合「理事になったら読む本」(幻冬舎)から一部抜粋し、ご紹介しています。

本書では実際に理事を勤められた方を紹介し、それぞれの管理組合でどのように管理組合運営を行っているのか、理事としてどのような点に留意されておられるのかを紹介しています。

【シーアイハイツ町田管理組合】
シーアイハイツ町田 建物外観
〔諮問機関の活用〕
 マンションの修繕にまつわる活動や計画は長期にわたり、マンション管理組合理事の短い任期の中ではプロジェクトを完結させることができません。
 規模の大きな本マンションでは、理事会内の役割分担もさることながら、複数の諮問機関○○委員会として設け、各委員会が継続性をもって活動することで組織運営の高度化が図られています。
 第2回目の大規模修繕工事には結果3年間の年月がかかっていますが、理事会が諮問委員会を活用することで、修繕計画の検討から大規模修繕工事の完了までの長い期間、継続した一貫した事業として遂行されたのです。

〔諮問委員会の役割とコンサルタントの役割〕
 本マンションの修繕委員会は自分たちの役割と改修設計コンサルタントの役割を明確にしています。
 修繕委員会は住民や理事会、自治会の多種多様な意向や要望などを集約し、それらをバランスさせる調整役に徹しています。そして、管理組合としての条件として、要望を整理し、コンサルタントに分かりやすく伝えることを重視しました。それを反映させる上での修繕工事に関する技術面についてはコンサルタント会社に責任を果たしてもらう。このように役割を明確にすることで、住民の意見が反映され、確かな技術に裏づけされた大規模修繕工事を行うことができました。

シーアイハイツ町田 取材風景

〔女性理事の活躍〕
 本マンションでは理事会や諮問委員会において女性の活躍が目立ちます。
 相対的にマンションで過ごす時間が長い女性の視点は、男性には出せない意見や判断として非常にマンションにとって価値あるものです。慣習的に男性の理事が多い現況ではありますが、より女性が積極的に参加しやすい環境を作っていくべきでしょう。

続きはぜひ「理事になったら読む本」をお読みください。楽しく理事をこなす秘訣や、楽しい理事会にしていくヒントが詰まった一冊です。

全国書店もしくはAmazon (http://www.amazon.co.jp/dp/4344952065)にてご購入いただけます。

投稿者:高橋 (10)

関連リンク

2017年8月

« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お知らせカテゴリ

お知らせタグ