業務実績:横浜市開港記念会館(お知らせ)

2017年5月25日|投稿者:中原 (3)

営業担当の中原です。
翔設計は1985(昭和60)年の発足当初より、公共建物の保存建築や改修設計を数多く行ってきました。その維持保全の技術力が現在のマンション大規模修繕コンサルタント業務に活かされています。

公共建物の保存・改修実績の例として、横浜三塔のひとつ、「ジャックの塔」という通称で親しまれている横浜市開港記念会館があります。
ゴールデンウィークの真っ只中、5月3日に「ザよこはまパレード」を観覧がてら、現地を訪れてみました。

この横浜市開港記念会館が国指定重要文化財に指定されたのは平成元年。
我々がプロジェクトに参画したドーム復元工事が完了した年のことです。

 

現在は横浜市中区公会堂として活用されており、全館貸切日を除き、廊下や階段は自由に見学が可能です。
基本的に1917(大正6)年の竣工当時の姿を留めるべく、保存・改修が行われていますので、プチ・タイムスリップ気分が味わえます。

木製階段

 

港町らしい天井の装飾

 

ステンドグラス(復元)

 

優美な螺旋階段!

そして各種資料展示も!

 

皆様も港町・横浜観光の際には、建物の外観だけでなく、ぜひ中の見学もお勧めいたします。

なお、この開港記念会館を含む横浜三塔というのは、

 横浜市開港記念会館(ジャック)、
 横浜税関(クイーン)、
 神奈川県庁(キング)、

のことで、名前の由来については、諸説ありますが、外国人船員達がそれぞれをトランプのカードになぞらえて命名したとの説が有力なようです。

横浜税関(クイーン) “女性的”と言われれば、そのような気がしてきます・・・

 

わりと色白!

 

そして・・・

神奈川県庁(キング) さすがの貫禄!

スクラッチタイルの幾何学的装飾が重厚感を演出しています!

 

ちなみに、6月3日(土)には横浜で翔設計マンプロ主催のセミナーをこの三塔がある横浜(関内)で開催いたします!

テーマは「理事になったら聴く講座」。
「マンション管理組合理事になったら読む本」の著者でもある翔設計代表の貴船が講師を務めます。

詳細に関しましては以下URLよりご確認ください。
http://www.manpro.jp/archives/trend/1039

 

6月3日(土)は「セミナー&横浜三塔めぐり」でいかがでしょうか?

投稿者:中原 (3)

2017年8月

« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お知らせカテゴリ

お知らせタグ