マンション総合コンサルタントマンション総合コンサルタント

給排水設備の劣化調査は、いつ頃おこなうのが良いですか?(管理組合の豆知識)

2015年7月29日|管理組合の豆知識カテゴリ:|管理組合の豆知識タグ:, , , |投稿者:翔設計スタッフ (57)

翔設計様70代マンションの竣工年によって配管に使用されている材料が異なることや、使用状態によって劣化の進行は異なりますが、一般的な配管の耐用年数は短いもので20~25年長いもので30~40年といわれております。

いずれにしましても、一度設備調査を実施して頂き、劣化度合いを把握した上で、いつ頃、どのような改修工事を行うべきかのご判断をして頂ければと思っております。

翔設計では、設備設計部門にて調査診断及び修繕時期や修繕方法のご提案を行っております。

関連リンク

管理組合の豆知識タグ
10% Web会議 コンサルタント シーリング工事 プロジェクトチーム マンションストック マンション管理組合 理事になったら読む本 修繕委員会 修繕委員会の立ち上げ 修繕工事 劣化 外壁劣化補修工事 工事監理 工事費 建替え 引渡し 消費税 消費税10% 消費税率 特定緊急輸送道路沿道建物 管理会社方式 築30年 築80年 給排水設備 設備調査 設計施工方式 設計業務委託費 設計監理方式 請負代金 配管 鉄部塗装工事 長期修繕計画 防水工事 顔認証 8%