マンション総合コンサルタントマンション総合コンサルタント

大規模修繕工事にかかる費用は、一般的にどのくらいになるのでしょうか?(管理組合の豆知識)

2015年10月23日|管理組合の豆知識カテゴリ:|投稿者:翔設計スタッフ (57)

建物調査の様子

建物調査の様子

建物調査の様子 その2

建物調査の様子 その2

建物の規模、形状、仕様がどういった状態にあるのか、また工事項目として何を実施し、どのような材料を選択するかによって、工事費用は大きく異なります。
あくまで目安としてですが都市圏の一般的なファミリータイプのマンションで一戸あたり80万~120万円の範囲とされています。

2018年5月11日に国土交通省から「マンション大規模修繕工事に関する実態調査について」と題するデータが公開されました。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000154.html
そのデータによると、住戸あたりの平均的な直接工事費は75万~125万円が有効回答の55.3%を占めています。この直接工事費には共通仮設費、現場管理費、一般管理費、消費税相当額は含まれておりませんので、別途想定する必要があります。

関連リンク

管理組合の豆知識タグ
10% Web会議 コンサルタント シーリング工事 プロジェクトチーム マンションストック マンション管理組合 理事になったら読む本 修繕委員会 修繕委員会の立ち上げ 修繕工事 劣化 外壁劣化補修工事 工事監理 工事費 建替え 引渡し 消費税 消費税10% 消費税率 特定緊急輸送道路沿道建物 管理会社方式 築30年 築80年 給排水設備 設備調査 設計施工方式 設計業務委託費 設計監理方式 請負代金 配管 鉄部塗装工事 長期修繕計画 防水工事 顔認証 8%