マンション総合コンサルタントマンション総合コンサルタント

初めての大規模修繕工事(築10年から15年)のポイントは?①関心を持って取り組むが吉(管理組合の豆知識)

2016年8月26日|管理組合の豆知識カテゴリ:, |管理組合の豆知識タグ:|投稿者:翔設計スタッフ (57)

大規模修繕工事の内容に関しては、たくさんの書籍やホームページ等で情報が入手できます。ここではそうした情報以外の、工事決定までの準備段階における基本的な取り組み方法や準備を進めるにあたってのポイントを中心に説明をしていくことにします。

例えば理事になったタイミングが、いまから2~3年後に初めての大規模修繕工事が予定されているような場合について、まず何から始めればよいのか戸惑ってしまうことでしょう。なかには、自分の任期中はどうにかやり過ごしたいと思ってしまうかもしれません。
しかし、その戸惑いややり過ごしたい気持ちのベースになっているのは、知らないことばかりなのに自分が対応していくことへの不安です。道筋を立て段階を踏んで進めていけば、必ずうまくいきます。
そして、理事である・理事でないにかかわらず、大規模修繕工事から得られる恩恵や負担する費用は他の管理組合のメンバーと同じです。さらに、関心があろうがなかろうが、その時点から工事終了までの時間も全員にとってまったく同じように経過することも変わりません。与えられる条件は共通なのですから、むしろ理事の立場を活かして、工事計画の立案に自分の思いや意見を反映させられるほうが、はるかに心地よく有意義な月日をすごせるはずです。関心を持って取り組むことで自分のためになってゆくのです。

充実した休日

本記事は、貴船美彦著作「マンション管理組合 理事になったら読む本」(幻冬舎2014年)から内容を抜粋して掲載しております。

つづく・・・

Q.初めての大規模修繕工事(築10年から15年)のポイントは?

①関心を持って取り組むが吉
②自分たちのマンションを知って目的を整理する
③大規模修繕工事でマンション共同体を変える
④「大規模修繕工事はいいものだ」という共通体験のために
⑤積立金はなるべく温存する

お問合わフォーム

    プライバシーポリシー (個人情報保護について)▼
    (1)個人の権利の尊重 
    当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示・訂正・削除を求められたときは、合理的な期間内に、妥当な範囲内でこれに応じます。
    (2)個人情報の第三者への提供 
    当社では、原則として利用者からお預かりした個人情報を法律の定める範囲外で利用者からの事前の同意なく第三者に開示・販売・提供することはありません。 
    取得した個人情報を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合には、開示することがあります。 
    また、財産、権利の保護および人命に対する明白かつ現在の危険やその他緊急の必要性がある場合には、個人情報を開示することがあります。この場合、当社は何らの責任も負わないものとします。
    (3)情報の変更・削除
    頂いた情報の変更・削除につきましては、info@sho-sekkei.co.jpもしくは電話0120-030-630までご連絡ださい。
    ・項目
    必須

    複数チェック可能

    無料:ご相談・お問合せ無料:資料請求無料:書籍進呈希望(マンション管理組合理事になったら読む本)無料:出張勉強会無料:マンプロ理事会会員申込み
    ・コンサルティング項目
    必須

    複数チェック可能

    大規模修繕給水・排水設備修繕長期修繕計画作成水害対策その他
    ・住所※資料請求、書籍、無料出張勉強会の場合は必須
    ・管理組合名
    ・役職
    ・お名前
    必須
    ・電話
    ・E-Mail
    必須
    ・ご連絡方法
    必須
    メールお電話
    ・お問合せ内容


    関連リンク

    管理組合の豆知識タグ
    10% Web会議 コンサルタント シーリング工事 プロジェクトチーム マンションストック マンション管理組合 理事になったら読む本 修繕委員会 修繕委員会の立ち上げ 修繕工事 劣化 外壁劣化補修工事 工事監理 工事費 建替え 引渡し 消費税 消費税10% 消費税率 特定緊急輸送道路沿道建物 管理会社方式 築30年 築80年 給排水設備 設備調査 設計施工方式 設計業務委託費 設計監理方式 請負代金 配管 鉄部塗装工事 長期修繕計画 防水工事 顔認証 8%