大規模修繕コンサルタントを選ぶポイントは?(お知らせ)

2017年9月12日|お知らせカテゴリ:|投稿者:翔設計スタッフ (71)

 

こちらのページにアクセスいただいた方は、マンション管理組合の修繕委員様理事長様が多いのではないでしょうか。

「大規模修繕を数年後することになったので、コンサルタントを探している。」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、大規模修繕コンサルタントを選ぶポイントはなんでしょうか?「安さ」ですか?「工程省略可」ですか?「品質」ですか?マンション管理組合様により、さまざまな視点があるかと思います。以下、手前みそになる部分もあるかと思いますが、参考にご覧ください。また、お気軽にご相談ください。

 

大規模修繕コンサルタントを選ぶポイントは?

 

 

 

1.実績が豊富かどうか

マンションの修繕は比較的特殊な要素が多く、たとえば新築物件の設計実績だけではほとんど役に立ちません。候補のコンサルタント会社のマンション修繕の実績を確認するのは当然ですし、業務を行っている事務所へ訪問して社内の様子を見てみる、また可能であれば実際に修繕コンサルタント業務を手がけたマンションの見学や理事へのヒアリングをしてみることも有効です。

 

翔設計 マンション大規模修繕コンサルタントの実績

株式会社翔設計では、あらゆるタイプのマンションの実績がございます。最近では、21世紀に入り建てられた高層マンションやタワーマンションなども大規模修繕の時期をむかえています。初めての大規模修繕工事で不安の方もいらっしゃると思います。各実績をご覧になり、ご質問がありましたら遠慮なくご相談ください。

 

 

2.快適な生活を送れ、資産価値を守れるかどうか

大規模修繕工事により、新築同然に戻ることはありません。お住まいの方々の年齢もマンションと一緒に時をかさねます。1回目、2回目、3回目と回を重ねる毎に大規模修繕工事で対応する内容は変わっていきます。

45歳でマンションを購入された方は、25年経ち2回目の大規模修繕工事の時点では70歳。マンションで過ごす時間も増えていると思います。エントランスにはスロープや手すりをつけたい。共有部分をパッと明るくリニューアルしてほしい。マンションまわりには、きれいな花を植えてほしい。そういった、綺麗にするだけではない、お住まいの方の心に響くリクエストにも応えられる大規模修繕工事にすることが、ひいては資産価値を守ることにもつながります。

 

翔設計 大規模修繕ビフォーアフター

エントランス廻りの植栽計画を提案し、新築マンションに負けない門構えとなり、資産価値の向上に成功

エントランスをリニューアルしただけで、こんなにもうれしい気持ちになれるのですね。

 

 

エントランスの重い手押しドアを自動ドアにし手を痛めることから解放され、荷物も持ったまま颯爽と入れるようになり、大好評

 

 

階段はモルタル仕上から塩ビシート貼りに変更することでグレードアップ。きれいになったので、上り下りの運動をしたくなりますね。

 

 

機械式駐車場を撤去して平置き駐車場に変えることで、メンテナンス費用が削減されます。駐車にかかる時間も短くなりました

 

 

エントランス内のデザインを南国リゾートにして、毎日が旅行気分になります。(こちらはイメージです)

 

 

 

マンションまわりに花壇や植木鉢を置いて、季節を感じる暮しをどうぞ。(こちらはイメージです)

 

 

「安さ」「工程省略化」「品質重視」など大規模修繕コンサルタント企業により重視することが違います。そんな中、翔設計の大規模修繕コンサルタントは「品質重視」としております。必要なところに必要な品質を確保する。それにより、快適な生活を送りつつ、資産向上も目指せます。

 

 

3.継続して担当可能かどうか

設計コンサルタント会社は業界として見てもまだまだ歴史が浅く、成熟した状態にあるとまではいえません。しかも、多くのコンサルタント会社は比較的短命です。個人事務所的な会社の継続性は、平均8年程度ともいわれています。つまり10年後には現在のコンサルタントの半分近くが稼動していないというのが現実です。一方で、マンションの大規模修繕工事は約10年単位ですから、当然コンサルタントには長期にわたる継続性が求められます。10年、20年にわたる長期的なサポートを継続的に依頼できるかどうかが、選定のポイントとして重要になるのです。

 

翔設計はマンション大規模修繕コンサルタントのパイオニア

翔設計 保存建築の実績
DNタワー21旧第一生命館:昭和13年)
千代田区

1985年設立の株式会社翔設計では、官公庁と民間の両方の業務を進めてきた中で、官公庁では歴史ある建物を保存していくための保存建築を長年携わってまいりました。民間では耐震診断やマンションの瑕疵対応などを行う中で、マンション管理組合様からのご相談が増え、マンション大規模修繕のコンサルタント業務をすることとなりました。当時、まだ業界は新しく、株式会社翔設計はパイオニアとして現在までマンション大規模修繕コンサルタント業務を続けてまいりました。

2018年には、適切なマンション改修設計コンサルタント業界の発展及び健全化を目指し「一般社団法人 マンション改修設計コンサルタント協会(MCA)」の創設に参加し、株式会社翔設計の社長 貴船美彦が初代理事長になりました。

今後もまじめに、ひたむきに、マンション管理組合のみなさまをご支援していきたいと考えております。

 

 

 

株式会社翔設計について

株式会社翔設計は、東京渋谷区の本社の他、大阪、名古屋、広島、神奈川に拠点があります。

 

 

お問合せフォーム

「誰に何を相談すればいいのかわからない」「質問だけしてみたいけど」など、お問合せの内容が具体的でなくてもかまいません。修繕や維持管理などマンションにまつわる様々なお悩みについて、まずはご連絡ください。
コンサルタントは、信用が大変重要です。お問合せいただいた内容は、お問合せの範疇で活用させていただき、度重なる営業などは一切いたしません。ご安心ください。

理事になったら読む本 書影ご希望の方には、『マンション管理組合 理事になったら読む本』(代表取締役貴船美彦 著作・幻冬舎 刊行)を進呈いたします。具体的なノウハウにとどまらず、どのような心持で理事という大役を担っていくべきかを記した一冊です。どうぞご一読ください。在庫が無くなり次第終了となりますので、その際はご了承ください。

本記事は、一部を貴船美彦著作「マンション管理組合 理事になったら読む本」(幻冬舎2014年)から内容を抜粋して掲載しております。

プライバシーポリシー (個人情報保護について)▼
(1)個人の権利の尊重 
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示・訂正・削除を求められたときは、合理的な期間内に、妥当な範囲内でこれに応じます。
(2)個人情報の第三者への提供 
当社では、原則として利用者からお預かりした個人情報を法律の定める範囲外で利用者からの事前の同意なく第三者に開示・販売・提供することは絶対にありません。 
取得した個人情報を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合には、開示することがあります。 
また、財産、権利の保護および人命に対する明白かつ現在の危険やその他緊急の必要性がある場合には、個人情報を開示することがあります。この場合、当社は何らの責任も負わないものとします。
(3)情報の変更・削除
頂いた情報の変更・削除につきましては、info@sho-sekkei.co.jpもしくは電話03-5410-2525までご連絡ださい。
・項目
必須

複数チェック可能

お問合せ資料請求書籍無料進呈希望(マンション管理組合理事になったら読む本)無料出張勉強会
・住所※資料請求、書籍、無料出張勉強会の場合は必須
・管理組合名
・役職
・お名前
必須
・電話
・E-Mail
必須
・ご連絡方法
必須
メールお電話
・お問合せ内容

 

アバター投稿者:翔設計スタッフ (71)

関連リンク

2019年12月

« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お知らせカテゴリ

お知らせタグ