日本のタワーマンションの特徴

日本では1976年に初めて分譲タワーマンションが建設され(埼玉県:与野ハウス)、その後建築基準法の改正で規制が緩和されたことにより、2000年以降にタワーマンション(弊社の基準として20階建以上)が急増しました。
2020年には全国で1300棟・36万戸を超え、今後もさらに建設が予定されております。

建設増加に比例し、数年前から第1回目の大規模修繕工事を行うマンションが徐々に増えておりますが、ここ数年の間に築15年を迎えるタワーマンションが多く、大規模修繕工事のピークを迎えるとも言われています。

そもそも日本のタワーマンションの特徴であり問題であるのが、超高層マンションは如何にあるべきか、という視点で設計されたものではなく、不動産マーケットが「売れるマンションとは何か」 という視点で作られていることです。

庭に代わるバルコニーがあり、そこへ出る掃き出しの窓がある。低層住宅のライフスタイルを単純に上に高く積み上げただけのものです。実際には低層部分と高層部分とでは雨風の影響、紫外線の強弱は大きく異なるのにもかかわらず、バルコニーひとつとっても仕様は同一となっています。

ニューヨークの5番街にあるトランプタワー(58階建て)は全面ガラスで覆われており、一見オフィスビルのように見えますが、高級分譲マンションです。ガラスは建築材料の中で唯一劣化しない材料であり、修繕の概念はまったく別のものになります。

日本のタワーマンションは真逆であるがゆえ、長期保全を考えると、相当な労力と費用が掛かります。よって、先の取り組むべき課題が様々あることを前提に、検討をしていかなくてはなりません。

続きはタワーマンションの大規模修繕工事の特徴をご覧ください。

 

タワーマンションの大規模修繕工事についてのご相談

翔設計にお気軽にご相談下さい。

    項目

    必須

    複数チェック可能

    無料:ご相談・お問合せ無料:お見積もり無料:資料請求無料:出張勉強会無料:マンプロ会員申込

    コンサルティング項目

    必須

    複数チェック可能

    大規模修繕給水・排水設備修繕長期修繕計画作成水害対策マンション総合力調査管理計画認定制度長寿命化その他

    住所

    ※資料請求、書籍、無料出張勉強会
    の場合は必須

    管理組合名

    役職

    お名前

    必須

    電話

    E-Mail

    必須

    お問合せ内容

    ご連絡方法

    必須

    メールお電話

    メールマガジン登録

    必須

    登録する登録しない

    上部へスクロール