修繕工事

大規模修繕工事の実施方式にはどのような種類があるのですか?

主に、①設計監理方式、②責任施工方式があります。近年、全国平均では7割、首都圏では9割近い管理組合様が設計監理方式を採用しています。 それぞれの手法の特徴、メリット、デメリットを表にまとめました。   設計監理方式 (設計・施工分離方式) […]

大規模修繕工事の実施方式にはどのような種類があるのですか? 続きを読む »

専門委員会(修繕委員会など)には、どのような役割がありますか?

 大規模修繕の実施に向けての理事会の補助・諮問機関としての役割があります。  理事会は最終決議の場である総会に向けて、各課題について取りまとめていきます。専門委員会はそんな理事会の元で特定の課題について理事会の代わりに検討してベストの解決案

専門委員会(修繕委員会など)には、どのような役割がありますか? 続きを読む »

大規模修繕工事の内容はどういうものなのか教えて下さい。

計画修繕の中で10数年から15年に1度、足場をかけて行う共用部を対象とした修繕工事のことです。大きく分けて、 防水工事(屋上防水・廊下防水・バルコニー防水等) 外壁等補修工事(外壁・天井・階段室等の塗装・タイル等) 鉄部塗装工事(鋼製建具・

大規模修繕工事の内容はどういうものなのか教えて下さい。 続きを読む »

上部へスクロール