[出典:江東区役所 江東5区大規模水害ハザードマップ]

マンション管理組合理事会さま必見です!
水害は「起きてから」では遅い。「起きる前」に検討を。
まずは、水害調査をしましょう。

2019 年の台風 19 号以来、当社株式会社翔設計へ「水害対策」のお問合せが急増しています。
特に荒川・江戸川のある江東5区(墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区)や、多摩川のある大田区、世田谷区、 川崎市など河川沿いの他、内水氾濫(※後に説明あり)の被害・懸念したの築浅、大規模マンション、タワーマンションなどからのお問合せが急増しています。 

具体的には、以下のようなお問合せがあります。

  • 地下駐車場、地下電気室が水没し、エレベーターが使えなくなった。
  • 道路からの浸水と、マンション内部の排水が追い付かなく、住居内に浸水した。
  • 1階や地下電気室の止水対策をしたい。
  • ゼロメートル地帯の為、資産価値を守るために止水対策や水害マニュアルを整備したい。

など復旧はもちろん、今後の不安を解消するための対策をご希望されるお問合せがあります。

 

 

 

河川沿いだけではない「内水氾濫」の危険性

また、河川沿いの地域だけでなく、内水氾濫により、マンションが浸水してしまうリスクを懸念されるマンションからの問合せも増えております。

水害には「外水」と「内水」がある

  • 「外水」河川の水
  • 「内水」堤防の内側の、人が住んでいる場所にある水。市街地に降った大量の雨を、排水能力を超えて処理できず、地上にあふれ建物や土地・道路が水に浸かってしまうことを「内水氾濫」という。

水害統計(国土交通省 2018c)によると、2005~2016 年で総被害額に占める内水氾濫による被害額の割合は、東京では 68%となり、河川沿いだけでなく、あらゆる地域のマンションに水害の可能性があることが分かっています。

まずは、「水害調査」でお住まいのマンションの現状。実態を把握していただくことをおすすめいたします。

「水害調査」を行うことで実際に洪水等が発生した際に、お住まいのマンションでは「どのような被害がでるのか」「復旧にどの程度の費用・期間を要するのか」等が想定できます。

 

 

水害調査チェックチャート

 

 

水害対策コンサルティングのパイオニア「翔設計」

翔設計では、「水害調査」を実施し、お住まいのマンションの現状・実態を把握するところから、必要に応じてその対策方法の検討・ご提案までのコンサルティングをさせていただきます。

水害対策コンサルティングは、翔設計にお任せください。 復旧はもちろん、今後の不安を解消するための対策もご提案いたします。 マンション管理組合さまとして、どこまでの対策をするのかの検討も翔設計がサポートいたします。

下記より、お気軽にお問合せ下さい。 

 

 

翔設計の「水害対策コンサルティング」についてお問合せ

フリーダイヤル:0120-030630(平日9:30~18:30)または、下記お問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。
下記お問合せ内容欄に「水害対策について」とご記入いただけると幸いです。

プライバシーポリシー (個人情報保護について)▼
(1)個人の権利の尊重 
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示・訂正・削除を求められたときは、合理的な期間内に、妥当な範囲内でこれに応じます。
(2)個人情報の第三者への提供 
当社では、原則として利用者からお預かりした個人情報を法律の定める範囲外で利用者からの事前の同意なく第三者に開示・販売・提供することはありません。 
取得した個人情報を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合には、開示することがあります。 
また、財産、権利の保護および人命に対する明白かつ現在の危険やその他緊急の必要性がある場合には、個人情報を開示することがあります。この場合、当社は何らの責任も負わないものとします。
(3)情報の変更・削除
頂いた情報の変更・削除につきましては、info@sho-sekkei.co.jpもしくは電話03-5410-2525までご連絡ださい。
・項目
必須

複数チェック可能

資料請求お問合せ書籍無料進呈希望(マンション管理組合理事になったら読む本)無料出張勉強会マンプロ理事会会員申込み
・住所※資料請求、書籍、無料出張勉強会の場合は必須
・管理組合名
・役職
・お名前
必須
・電話
・E-Mail
必須
・ご連絡方法
必須
メールお電話
・お問合せ内容

 

水害、地震の時に耐えられるマンションか、防災訓練のレベルは大丈夫かなどマンション防災調査・対策してみませんか?

マンション防災調査・対策